地球温暖化と壁面緑化

建物の壁面緑化が注目されていますが、注目されている背景にあるのが地球の温暖化です。日本だけではなく世界レベルで地球温暖化は進行していると言われていて、このまま温暖化が続くと南極の氷などが溶けだして、水面が大きく上昇するとも言われています。水面が上がることによって大きな問題が生じるのが海抜が低い島で暮らしている人です。場所によっては土地が水の下に沈没してしまう恐れもあることから、地球温暖化の進行に重大な関心を寄せています。日本も島国であることから、地球温暖化の進行により海の下に沈んでしまう島が現れる可能性もあるので、そうならないように温暖化を防ぐための対策が重要視されています。そのための一つの方法が壁面緑化の推進です。

壁面緑化でストップできる地球温暖化

壁面を緑化することにより地球温暖化を抑制できるのは、植物には二酸化炭素を吸収できる能力があるからです。地球温暖化の大きな原因となっているのは二酸化炭素の増大であるために、大気中の二酸化炭素を少しでも減少させることが、地球温暖化を防止するために欠かせなくなっています。大気中に二酸化炭素が増えているのは、自動車や工場から排出される二酸化炭素なども大きな原因になっていますが、二酸化炭素を吸収できる森林の数が減少していることも大きく関係しています。

地球上に緑を多く増やすことが大気中の二酸化炭素を減らすための鍵ですが、都市部では木を植えるための土地が不足していることも問題になっています。それを解決できるのが壁面緑化で、ビルの壁面にも緑を植えることができます。

最近の壁面緑化は、観葉植物でなくフェイクグリーンを採用して日常の手入れなどを省き、快適なインテリア空間を確保しています。