サングラスの種類とは

サングラスは調光レンズ・偏光レンズ・ミラーレンズ・UVカットレンズに分けられます。それぞれに特徴があって、効果も違ってくるため自分が求める用途にあったレンズを選ぶことがポイントです。

調光レンズは太陽光の紫外線などに反応してレンズの濃淡を変化させます。屋内外の両方に使えます。偏光レンズは光の反射などを遮る効果があります。光を遮ることで快適な視界になるため、車の運転時などに使用します。

ミラーレンズは鏡のようなレンズで、ファッション性が高く目を保護する効果が高いのが特徴です。UVカットレンズは、文字通りUVカットを目的にしています。海水浴やプールなど長い時間を屋外で過ごすときに、目を保護する機能があります。

レンズカラーごとの違い

サングラスはレンズの機能だけではなく、カラーにも意味があります。ブラウン系の場合眩しさを抑えるのに加えて、視界のコントラストを高められるため視界が良くなる効果が得られます。天気の悪い日のゴルフをするときなどに向いています。

グレー系は、眩しさ防止効果が高く色調変化が少ないためサングラスをかけていても自然な景色を楽しめます。マリンスポーツなど景色を楽しみたい時に良いカラーとなっています。

夏の定番カラーといえばブルー系です。夏の日差しを抑えるのに向いていて、夏に外で活動するというときに特に活躍するアイテムです。イエロー・オレンジ系は、コントラストが高く屋内外だけではなく、夜でも見やすいのが特徴となっています。

外出時に紫外線が気になるのであれば、UVカット効果のあるサングラスを着用すると、目を保護することができます。